excitemusic

自分を見つめる記録です。
by kimatetsu
ICELANDia
カテゴリ
全体
アプリケーション
食べもの
映画・音楽
人物・書物
その他
未分類
最新のトラックバック
cialis and l..
from cialis and lev..
keywords cia..
from keywords ciali..
prilosec otc..
from prilosec otc d..
anxiety orth..
from anxiety ortho ..
soma manisa ..
from soma manisa tu..
dont buy gen..
from dont buy gener..
wellbutrin q..
from wellbutrin qui..
viagra
from viagra
tramadol and..
from tramadol and c..
Free Ringtones
from Free Ringtones
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:人物・書物( 7 )

純喫茶 のこりび

モーニングに連載されていた、シニカルな漫画です。
作者の視点が、ありえないくらい鋭くて、とても笑えました。
ただ、情報に疎いと何が面白いのかさっぱり分からないので、
ファンも少なかったように思います。

純喫茶のこりび(いとう耐)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063374912/249-9983875-7944316

今は、イブニングで、「イブニングパブのこりび」として、
細々と?連載が続いています。


浄土真宗親鸞会 三河知多
親鸞会 岩手
[PR]
by kimatetsu | 2006-03-26 13:43 | 人物・書物

きょうだい きかんしゃ たろう と じろう

『トマトせんせいのじどうしゃ』の姉妹版の絵本です。
こっちの方が、先に書かれたんですね。

そういえば、この本の途中から、旧ビートルが登場していました。

3作目、4作目も読みたかったのですが、存在しないようです。

きょうだい きかんしゃ たろう と じろう
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=30900160


浄土真宗親鸞会 watch
メディアの見た親鸞会
浄土真宗親鸞会 奈良
[PR]
by kimatetsu | 2006-02-08 20:20 | 人物・書物

トマトせんせいのじどうしゃ

ポプラ社から出ている絵本です。
医者のとまと先生が、ラーメンで有名な喜多方の過疎に診察に行く際に、
黄色いオールドビートルででかけて行きます。
今は廃線となってしまった国鉄喜多方線を舞台に、ほのぼのとして、
かつ、もの悲しいような話です。
子供の頃、大好きでした。
本がどこかへ行ってしまったので、注文して購入したのですが、
作者は亡くなられたそうですね。

ポプラ社
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=30900280


親鸞会 ブログwatch
親鸞会 石川
浄土真宗親鸞会 三重
[PR]
by kimatetsu | 2006-02-02 21:21 | 人物・書物

大使閣下の料理人

「モーニング」に連載中の料理マンガです。
料理マンガって、いかにもありきたりの盛り上げ方をするので、
正直、読み飽きるのが早い難点があると思うのですが、
この作品は、外交がテーマになっている分、面白さが長続きする
のだと思います。

大使閣下の料理人とは


親鸞会の真実
親鸞会
会館案内

[PR]
by kimatetsu | 2006-01-06 10:12 | 人物・書物

加治隆介の議

『課長 島耕作』で有名な弘兼憲史さんの作品です。
国会議員・加治隆介を主人公に日本の政治の抱える問題点が学べるマンガです。
最初から最後まで、緊張感のある描き方が、素晴らしいです。
面白くて、泣けるし、おすすめです。

加治隆介の議


浄土真宗親鸞会 杜の都教室-親鸞聖人

親鸞会 父母の会
[PR]
by kimatetsu | 2005-12-26 18:22 | 人物・書物

ミシェル・フーコー

フランスの哲学者です。
頭良すぎです。どうしてそういうところに気付けるのか、と思います。

人間は、その時代の「知」の枠組みの中で、動かされて生きている。
「知」という権力に動かされているのが人間である。

そうなんだよな~。


ミシェル・フーコー


浄土真宗親鸞会とは
[PR]
by kimatetsu | 2005-12-19 09:27 | 人物・書物

アルベール・カミュ

「好きな小説家は?」と聞かれたら、ためらい無く答える人です。
人間の生きる空しさを、正確に描く力に、グワーッと胸を覆うものを感じます。


アルベール・カミュ


(※※※ タイトル、変えました ※※※)


自殺サイト なぜ死んではいけないのですか?

親鸞会 鹿児島・宮崎 法友の集い
[PR]
by kimatetsu | 2005-12-14 20:52 | 人物・書物